これだけは知っておきたい!?老後の生活で不安になる要因の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後といえば、残りわずかな人生を安楽に過ごすだけだから、不安なんてないだろう。

こう考える人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

昨今は平均寿命がかなり伸びてきているので、老後の暮らしは以前より長いものになっています。

でも一方で体力や健康は衰えていくので、何か問題が起こってもそれに対処する力がないので、その点を不安に思う人が多いのです。老後の不安は思いのほか大きいものがありますが、具体的にどんな要因があるのでしょうか?

老後を不安にさせる要因とは

まず、健康問題への不安があります。

人間は誰しも年をとると老化していきますが、その老化によって抵抗力がなくなり、種々のいろんな病気にかかりやすくなってしまいます。

病気になったらそれを治すための医療費が必要ですが、その負担を賄うことができるだろうかと不安に思うかもしれません。

あるいは、自分が病気になることで周りの家族に迷惑をかけてしまわないだろうかと不安に思う人もいます。

経済的な不安を抱く人もいるでしょう。

すでに述べたように、医療費負担で若い時よりお金が必要になることがありますし、そうでなくても生活費の不安もあります。

あるいは十分な蓄えがなければ、突然の大きな出費や補償のことを危惧するかもしれません。

年金を収めていれば給付されますが、年金制度自体に信頼が置けないと感じる人もいるかもしれません。

こうした諸々の要因を考えて老後に入る前から、今の備えで大丈夫だろうかと考える人も多いでしょう。

老後ですから、もちろん介護への不安も起きるでしょう。

自分や配偶者のどちらか、あるいは両方が介護が必要な立場になってしまったら、たくさん介護費用やその他の負担が必要になります。

そうした負担をこれまでの蓄えだけで支え切れるだろうか、あるいは周囲の家族への負担はどうなるだろうかと考えます。

介護に関しては入所施設の問題もありますが、どんな施設に入ったらいいだろうか、予算的にどこの施設がいいだろうかと、老後に入る前に心配になることでしょう。

老後不安の主要テーマはお金!?

さて、老後に抱く不安の種類を挙げてみましたが、全ての問題に共通している要素が一つあります。

それは、お金です。

健康問題に対処するためのお金、生活費をまかなうためのお金、介護問題に対処するお金で、全ての分野で不安の根本部分にはお金という問題があることが分かります。

そしてこのお金という部分に不安があれば、老後全体を不安にさせることにもなります。

でも逆に、お金の不安がなければ、老後の不安もかなりの部分が解消されるということが分かりますので、したがって老後不安の主要テーマは、お金に絞られるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一生食いっぱぐれない安心を手に入れる方法

あなたは、株式会社は、30年でその99.98%が消える、という統計結果を知っているだろうか?

つまり、入社した1つの会社で定年まで居続けられる人は0.02%、ほぼゼロに等しい、ということだ。

言い換えれば、ほとんどの会社員は、定年を迎えるまでの間のどこかで必ず、”転職ないしは会社を変える”という選択を迫られることを意味する。

その時、あなたは、食いっぱぐれない自信はあるだろうか?

家族を養っていける自信はあるだろうか?
 ↓↓↓↓↓
一生食いっぱぐれない安心を手にいれる方法

とある上場企業の元サラリーマンは、会社に勤めながら”ある技術”を学び、半年間でインターネットで月々20万円の副収入を手に入れることができるようになった。

この技術、インターネットで商品やサービスを販売しているビジネスであれば、どんなビジネスでも売上を増やすことができるようになる技術なのだが、、、

それにも関わらず、その技術を身に付けている人はまだ少なく、需要が供給を上回っている状態だ。

それに気づいて、いち早くその技術を身につけた彼は、一生食いっぱぐれることのない安心と、いつ会社を辞めることになっても大丈夫、という心の余裕を手にすることができた。

その技術の秘密を、あなたは知りたくはないか?


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>