安心して老後の生活を送るための一般的な資金はどれくらい必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後のことを考える時、最も気になることはお金のことで、すなわちどのぐらいのお金があれば老後を安心して暮らせるのだろうか。

これが老後の不安で一番気になるところかと思います。

老後の暮らしに必要な資金とは

安心して老後の生活を送るための資金。

それがどのぐらい必要になるかは、まずどんなものにお金が必要なのかを知らなくてはなりません。

実際に出費が必要になる項目を考えてみましょう。

生活するために食料を買ったり、家具を買ったり、住居費、水道光熱費を払ったり、いわゆる生活費がかかります。

この生活費はその人がどんな生活をするかによって違いますが、少なくとも10万〜20万程度のお金はかかるでしょう。

これに医療費が加わります。

医療費は健康保険がありますが、高齢者の医療費が高くなっていること、また保険が適用できない治療もあることを考えておかなければなりません。

医療費とくれば介護費もあります。

介護費は本人の希望は利用状況によって費用が異なりますが、おおよそ1ヶ月数万円の自己負担額を想定しておかなければなりません。

これ以外に、交際費、交通費、こずかいなども項目に挙げられるでしょう。

生活スタイルによって変わる資金

さて、老後を安心して暮らすために必要な資金については、上に挙げた各項目において、それぞれ自分の数字を当てはめてみるといいでしょう。

生活の仕方やライフスタイルは皆一緒ではないので、実際に当てはめる数字はそれぞれに異なります。

数字を入れたら各項目を足してみてください。

そうすると合計が出てきますが、その合計が必要資金のおおよそということになります。

ここまで考えて何が分かるかといえば、老後の必要資金というのは、自分たちがどんな生活を望むかによって決まるということです。

簡素な住まいでいいと思えば、その分住居費は安く抑えられるでしょうし、旅行はなるべくしないというなら、旅費を少なくすることができます。

肉や魚など脂っこい食事はせずヘルシーな野菜中心の食事にするなら、食費を抑えて、なおかつ医療費も抑えることができます。

このように、希望する生活の仕方によって必要資金は変わります。

それでもある程度の目安が必要だというなら、総務省の「家計調査」をチェックしてみるといいでしょう。

そこでは、世帯主が60歳以上で無職世帯の1ヶ月支出について、その平均金額を算出しています。

また、老後生活資金の必要金額を計算できるシミュレーションもありますので、それを利用して計算してみるのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一生食いっぱぐれない安心を手に入れる方法

あなたは、株式会社は、30年でその99.98%が消える、という統計結果を知っているだろうか?


つまり、入社した1つの会社で定年まで居続けられる人は0.02%、ほぼゼロに等しい、ということだ。


言い換えれば、ほとんどの会社員は、定年を迎えるまでの間のどこかで必ず、”転職ないしは会社を変える”という選択を迫られることを意味する。


その時、あなたは、食いっぱぐれない自信はあるだろうか?


家族を養っていける自信はあるだろうか?

 ↓↓↓↓↓

一生食いっぱぐれない安心を手にいれる方法


とある上場企業の元サラリーマンは、会社に勤めながら”ある技術”を学び、半年間でインターネットで月々20万円の副収入を手に入れることができるようになった。


この技術、インターネットで商品やサービスを販売しているビジネスであれば、どんなビジネスでも売上を増やすことができるようになる技術なのだが、、、


それにも関わらず、その技術を身に付けている人はまだ少なく、需要が供給を上回っている状態だ。


それに気づいて、いち早くその技術を身につけた彼は、一生食いっぱぐれることのない安心と、いつ会社を辞めることになっても大丈夫、という心の余裕を手にすることができた。


その技術の秘密を、あなたは知りたくはないか?


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>