金持ち父さんの思考法 「稼ぎたいのであれば当たり前を疑え」

金持ち父さん・貧乏父さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生の時、金持ち父さん貧乏父さんの本と出会い、強烈な衝撃を受けて触発された僕は、お金について学ぶ必要がある事、そして、お金の勉強をしないと一生働き続ける事になる危険性を友達に伝えてみました。

一緒に学ぼうぜ。とか、前向きな言葉をかけて貰えるのかな?と思っていたのですが、僕の思惑ははずれ、
「お前、さっきからむかつくんだけど、金の事ばっか話してんじゃねーよ!」
「そうそう、俺も思ってた。なんかイラつくよな。」
「俺は金の話をするやつは嫌いなんだよ。もうやめろ!」
と言われてしまったのです。

まぁ、当時の僕は話をするのがとんでもなく下手だったので、
金持ち父さんに書かれてある内容をちゃんと伝えられなかったせいもあるかもしれません。

でも、ですよ。

こんなにも
「お金=悪」
と捉えている人は多いのかと…
金持ち父さんの本を読んだ以上に
衝撃を受けてしまった事件でもありました。

なぜ、お金=悪と思われているのか?

なぜ、ココまでお金に対して悪い感情を抱いているのかと言うと

多くの人は、親や学校、友達から
いい成績とって、いい会社に入り、定年まで働き続ける人生が正しい。

お金の事は会社や国が面倒見てくれるんだから、仕事を一生懸命頑張れば良い!
と教えられ、、そして、水戸黄門などのメディアの洗脳により、金持ち=悪。
お金を稼ぐ事、お金に関して考える事なんて卑しい事だと。
植え付けられてしまっているからなんですね。

大きな成果を出すには否定されるリスクを背負った上で勇気を持ってやり続ける事!

だから、今までサラリーマンでこれから稼ごうと思っている人が、
サラリーマンの友達や家族に「これからビジネスやろうと思うんだ」なんて相談したら、
かなりの高確率で、批判され、説教されます。

やってみれば分かります。

必ず昔の僕みたいに拒絶され、批判され、説教されます。

とにかく、日本人は当たり前が大好きなんです。

給料を定年まで貰い続ける人生が当たり前、
周りは誰もやっていないような事は危険だと思っている人に相談したところで、
受け入れられる訳がないんです。

でも、金持ち父さんも言っていますが、
当たり前を受け入れ続けてしまえば、絶対に大金を稼ぐ事は出来ません。
今のサラリーマンの平均年収は約400万円ですよ。
それが現実です。

それに、勇気を出して金持ち父さんの本に書いてある通りビジネスオーナーの道を歩みはじめたとしても、
そもそも、ビジネスオーナーの人口はとんでもなく少ないので、
他の人と違った思考や行動になります。自営業者とは違うんです。

だから、途中で周りから批判され、説教を受ける事は絶対に覚悟しなければなりません。
でも、そんな事にへこたれないでください。
そのリスクを背負った上で前向きに取り組んでいれば、徐々に協力者は必ず現れます!

偉人と呼ばれている人達もみんな人と違った事をやり続けて成功しています。

エジソンもライト兄弟もスティーブジョブスもです。

最初、批判されるというのは、成功する人には避ける事の出来ない宿命なんです。

途中で折れる事なく、正しいやり方でやり続けていれば
いつかは必ず思いは成就します!

思考は現実化する!です。

自分を信じて目標に向かってやり続けましょう!!

-山本 猛

PS
大学時代、僕の事を否定し説教した友達は、
久しぶりに会うと「なんか奢って」と言ってきます。

世の中金じゃない!
お金の事なんか考えるんじゃない!
と偉そうに説教してくる人程、お金にだらしない気がするのは僕だけでしょうか。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一生食いっぱぐれない安心を手に入れる方法

あなたは、株式会社は、30年でその99.98%が消える、という統計結果を知っているだろうか?


つまり、入社した1つの会社で定年まで居続けられる人は0.02%、ほぼゼロに等しい、ということだ。


言い換えれば、ほとんどの会社員は、定年を迎えるまでの間のどこかで必ず、”転職ないしは会社を変える”という選択を迫られることを意味する。


その時、あなたは、食いっぱぐれない自信はあるだろうか?


家族を養っていける自信はあるだろうか?

 ↓↓↓↓↓

一生食いっぱぐれない安心を手にいれる方法


とある上場企業の元サラリーマンは、会社に勤めながら”ある技術”を学び、半年間でインターネットで月々20万円の副収入を手に入れることができるようになった。


この技術、インターネットで商品やサービスを販売しているビジネスであれば、どんなビジネスでも売上を増やすことができるようになる技術なのだが、、、


それにも関わらず、その技術を身に付けている人はまだ少なく、需要が供給を上回っている状態だ。


それに気づいて、いち早くその技術を身につけた彼は、一生食いっぱぐれることのない安心と、いつ会社を辞めることになっても大丈夫、という心の余裕を手にすることができた。


その技術の秘密を、あなたは知りたくはないか?


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>