2日目:金額を上げても顧客に感謝される商品の作り方

山本です。

それでは、2日目の動画を送らせて頂きます。

===============================================
2日目:金額を上げても顧客に感謝される商品の作り方
===============================================

2日目の動画は、1日目の続きになります。

100%確実に売上UPするための3つのルールである
①見込み客獲得 ②顧客化 ③LTV(生涯顧客価値)
に沿った仕組み化に成功するためには、
LTV(生涯顧客価値)を高めて頂くのが先決である事を
1日目の動画でお伝えしました。

理由としては、見込み客獲得は広告費がかかり、
顧客化は数値を高めるのが難しく、薄利多売のビジネスは
いつまでたっても苦しい状態から抜け出せないから。

というのが理由です。

1日目の動画をご覧になっていない方は
今すぐこちらからご覧ください。
→「1日目:広告を打つ前に儲かる仕組みを作る」の動画はこちら

 

でも、おそらくあなたは、
商品単価を上げるなんて無理。

今まで前例ないし、単価を上げたら今までのお客さんが離れていく。

クレームも増えるから絶対無理!!

と物凄い抵抗をする事は分かっています。

だからこそ、今回の動画はとても重要です。

 

価格はビジネスを行っていく上で生命線であり、
最重要事項である事は間違いありません。

一番重要であり、適正な価格をどのようにつけるか
で悩まれている人は非常に多いです。

では、どのようにして適正な価格をつけていけば良いのか?

どうすれば、価格を上げても顧客が離れる事なく、
今まで以上に顧客満足度を高められるのか?

その秘訣を今回の動画で伝えています。

具体的な内容は、、、

・価格を上げても感謝される商品の作り方

・付加価値をつけて顧客満足を高める方法

中小企業や個人事業主が取るべき戦略とは?

・価格を上げると顧客が離れると思われている誤解

・価格によって顧客の質が変わる理由

・劇的に商品が売りやすくなるポジショニングの変更とは?

・具体的な付加価値のつけ方

・単価の高い商品作りに成功しているライザップの事例

・参考図書の紹介

etc…

といった内容をお話しています。

この約16分ほどの動画の中に、
単価の高い商品でも顧客満足を高められる

エッセンスがふんだんに盛り込まれています。

 

では、早速、2日目の動画をご覧ください。

 

————————————————–
*動画が途中で止まってしまう場合や、見れない場合には

インターネットの回線速度やパソコンのスペックによっては、
動画が途中で止まったり、再生ができない場合がございます。
恐れ入りますが、一度、動画を一時停止し5分ほどたってから
再度再生していただけますと幸いです。
————————————————–

 

============================
*重要* 本日のエクササイズ
============================

動画を最後まで見終わりましたら、
以下のコメント欄にコメントを記入してください。

 

この「コメントを書く」という作業が
今後の『マーケティング』を進めるにあたって、
最も重要になってきます。

 

通常でしたら、なかなか聞く事のできない
マーケティングを実践した者にしか分からない裏側を
学べる
数少ないチャンスです。

ですので、少しでもあなたに合った内容を、
疑問をピンポイントで解消する内容を
公開して行きたいと思っています。

大変かと思いますが、是非、
「コメントを書く」という作業を
習慣化して頂けたらと思います。

 

非常に簡単なコメントや質問でも構いません。

あなたが書くコメントが今後の
動画に反映されて行きますので、
是非、コメントを書いてくださいね。

  

======================
以下のステップを踏んで下さい
======================

step1

今日の動画を見ての感想や
更に詳しく聞きたいことをお書きください。

step2

あなたが今提供している商品・サービスは本来
どのぐらいの価格で販売したいか?

step3

今日の動画を見て、新しく商品作りを行ってみたいと思ったか?

 

繰り返しになりますが、あなたが書く
コメントが今後のプログラムに
反映されていきます。

簡単で構いませんので、コメント欄に
記載していただけたら嬉しいです。


あなたからのコメントを楽しみにしています。

山本 猛

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>