6日目:広告はギャンブルではなく科学

山本です。

それでは、6日目の動画を送らせて頂きます。

===============================================
6日目:広告はギャンブルではなく科学
===============================================

6日目の動画ではなぜ、今までお伝えしている方法で
100%確実に売上UPできるのか?
その理由がハッキリと分かる内容になっております。

動画の中でも説明がありますが、
3つのルールに沿って仕組みを作っていく事が
今後、広告で成果を出していくためのベースとなります。

3日目、4日目、5日目の動画で3つのルールについて
詳しく説明していますので、まだご覧になっていない場合は、
今すぐこちらからご覧ください。

→「3日目:見込み客を集める」の動画はこちら

→「4日目:顧客化する」の動画はこちら

→「5日目:LTVを最大限に高めるためには」の動画はこちら

 

広告で失敗してしまう最大の原因は
なんとなく広告を出し、成果が得られないので、
広告を出すのを止めるといった事を繰り返してしまう事です。

ハッキリとお伝えしますが、
最初から広告で成果を出せるケースは稀です。

最初は大概失敗します。
うまくいかないのが当然なのです。

だから、必ずやらなければいけないのが
集客から販売までのプロセスを数値化し、
どこに問題があるのかを特定する事。

問題点を見つけて、そこを改善していく。

これを繰り返していけば必ず広告から集客し、
販売に繋げる流れを作り上げる事ができます。

それに、費用対効果を最大化する事もできるようになります。

広告は単発で終わるものではなく、
継続的に使い続けるものです。

だから、広告を育てるという考えを持つ事が何よりも
大切になってきます。

 

今回の動画でお伝えする内容は

・費用対効果を高めるために絶対にチェックすべき事とは?

・なぜ、数字をチェックすべきなのか?

・広告がギャンブルになってしまう理由とは?

・事業が上手くいくかどうかを最短で見抜く方法

etc…

といった内容になります。

約4分ほどの短い動画ではありますが、
かなり重要な事をお伝えしてますので、是非、最後までご覧ください。

では、6日目の動画をご覧ください。

 

————————————————–
*動画が途中で止まってしまう場合や、見れない場合には

インターネットの回線速度やパソコンのスペックによっては、
動画が途中で止まったり、再生ができない場合がございます。
恐れ入りますが、一度、動画を一時停止し5分ほどたってから
再度再生していただけますと幸いです。
————————————————–

 

============================
*重要* 本日のエクササイズ
============================

動画を最後まで見終わりましたら、
以下のコメント欄にコメントを記入してください。

この「コメントを書く」という作業が
今後の『マーケティング』を進めるにあたって、
最も重要になってきます。

通常でしたら、なかなか聞く事のできない
マーケティングを実践した者にしか分からない裏側を
学べる
数少ないチャンスです。

ですので、少しでもあなたに合った内容を、
疑問をピンポイントで解消する内容を
公開して行きたいと思っています。

大変かと思いますが、是非、
「コメントを書く」という作業を
習慣化して頂けたらと思います。

非常に簡単なコメントや質問でも構いません。

あなたが書くコメントが今後の
動画に反映されて行きますので、
是非、コメントを書いてくださいね。

  

======================
以下のステップを踏んで下さい
======================

step1

今日の動画を見ての感想や
更に詳しく聞きたいことをお書きください。

step2

あなたは今、集客から販売までのプロセスを全て数値化していますか??

step3

今日の動画を見て、今後、広告宣伝を行っていく際には数値化しないといけないと思ったか?

繰り返しになりますが、あなたが書く
コメントが今後のプログラムに
反映されていきます。

簡単で構いませんので、コメント欄に
記載していただけたら嬉しいです。


あなたからのコメントを楽しみにしています。

山本 猛

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>