体験して分かったコンサルティングが素晴らしいと思う4つの理由

コンサルティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルティングと聞くと、イマイチどんなことを提供してくれるのかイメージが湧かない人も多いのではないだろうか。実際、自分もコンサルティングを自分自身で体験するまでは、何をしてくれるのかさっぱり分からなかった。

でも、体験してみることで、コンサルティングの素晴らしさを身をもって感じることができたので、ココでシェアしたいと思う。

コンサルティングとは?

コンサルティングとは、悩みを抱えている企業や人に対して、専門知識を活用して客観的にクライアントの現状を把握し、問題点を見つけて原因を分析し、解決案を示す業務のこと。

つまり、特定の分野に関して専門家であり、その分野に関して相談すれば解決策を教えてもらえるサービスの事になる。

例えば、起業したいと悩んでいて、何をしたら良いのか分からない人に対して起業するまでの道のりを教えてくれるという事であれば、起業支援のコンサルティングになる。(業種によって細分化されている。)

または、広告宣伝で失敗が続き、どうすれば、宣伝で集客できるようになるのか分からない人に対して、集客から販売まで繋げる流れを仕組み化する最適な方法を教えるという事であれば、マーケティングのコンサルティングになる。

コンサルティングの種類

種類としては、豊富にあり、人が悩みを抱えているところには、コンサルティングサービスが存在していると言えるだろう。

IT、技術、地質、都市計画、上下水道、再開発、環境、医業経営、ブライダル、人事、デザイン、廃棄物、企業存続、電子出版、ホテルレストラン、音楽、計量器、労務、食品衛生、ワイン、キャリア、証券、タックス、ファンド、水産、農業開発、選挙、カラー、品質保証、株式公開、ISO…

などなど。

あげだしたらキリがないほどたくさんある。

それに、弁護士やFPもコンサルティングに属していると言える。相談料として一時間5千円〜5万円発生するが、お金を払ってでも相談したいと思うというのは、どうしても解決したい悩みがあるからだろう。

なぜ、コンサルティングが必要なのか?

コンサルティングというのは、自己変革と同じようなものだ。会社を変えるため、自分を変えるために専門家に相談し、目標を達成するために日々の行動を改善していくことになる。

できないことを解決するためには、2つの方法しかない。自分ができるようになるか、できる人に代わりにやってもらうかだ。コンサルティングの場合、できる人に相談して自分ができるようになるためのサービスになる。

コンサルタントが代わりにやってくれることはないが、コンサルタントと同じレベルまで成長することができれば、あとは全て自分でできるようになる。これがどれだけ今後の人生に大きな影響を与えるかは大体想像できるだろう。

では、なぜ、コンサルティングを受けることで、変われるのかを詳しく紹介していきたいと思う。

理由1:思考が変わることで正しい行動をとれるようになる

思考というのはかなり重要で、人は自分が考えていることしか行動に移ることができない。かの有名なナポレオン・ヒルが言っている「思考は現実化する」という言葉があるように、今のあなたの現状というのは、あなたが考えて行動してきた結果と言える。

なかなか行動に移れない場合、問題を明確にしてやる気を高めてくれる

例えば、ダイエットした方が良いかな〜と思っていてもなかなか行動に移れない。でも、友人や家族に自分が太っていることをバカにされ、必ず痩せて見返してやる!という思考に変わった時にようやく行動に移れるようになる。

これは、ダイエットに限らず、すべてのジャンルに言える事。

起業に関してであれば、いつか起業したいな〜ではダメで、起業しなければ将来会社の奴隷として働き続けることになる!だから、早く起業しなければ!という思考にならないと行動に移れない。

基本的にやる気がない人はコンサルティングを受けない方が良いとは思うが、現状の問題を放置したままでは将来酷いことになることを伝えて、「〜した方が良いかな。」ではなく、「〜しなければいけない。」といった思考に変えるためにしっかり指導する事は、コンサルタントの重要な仕事の一つになる。

目標達成に向けて間違った行動をしている場合、軌道修正してくれる

あと、将来得たい目標を達成するために、日々、行なっている行動が間違っている場合もよくある。いつかこうなりたい!と思っているのに、日々とっている行動が伴っていないケースだ。これでは、いつまで経っても目標達成できない。

例えば、将来大金持ちになって海外を自由に飛び回りたい!と思っているのに、サラリーマンとしてバリバリ働いている人。サラリーマンとして働いていたら、得られる収入の上限は決まってくるし、時間的な自由は決して得られない。だから、夢は夢のままで終わってしまう。

このように、目標達成するために日々行っている行動にズレがある場合は、軌道修正していく必要がある。人の価値観を変えるのは容易ではないが、コンサルタントがガッツリ指導しなければならない重要な仕事と言えるだろう。

将来得られる結果というのは、日々の行動の積み重ねでしかない。間違っていれば、しっかり正していかなければいけない。

理由2:継続的なサポートで正しい行動を習慣に変えてもらえる

思考が変わる事で、日々、正しい行動に移れたとしても、基本的に人は習慣の奴隷だ。いつもと同じ習慣をとるのに慣れているので、新しい行動をとることに苦痛を感じる人は多い。

すぐに結果を得られれば、楽しくなって行動を続けられるが、なかなか結果が出ない場合、いつもの習慣に戻ってしまう。ダイエットが3日坊主に終わってしまう人が多いのは、それが理由だ。

だから、継続的なサポートがとても大切。ライザップがブレイクした理由がまさにココ。ライザップでは、2ヶ月間、毎日写メールで食事の内容を専属のトレーナーに送らなければならない。

毎日やらなければいけない宿題を与える事によって、無理やり日々の行動を変える事になる。最初は大変で億劫だと思うが、2ヶ月間やり続ければ、行動が当たり前になって苦痛を感じなくなり、新しい習慣を身につけられるようになる。

2ヶ月間も毎日やり続ければ、大概習慣化できる。運動と食事制限の日々が習慣化されてしまえば、その習慣が崩れない限り、いつまでもムキムキマッチョでいられるという事だ。

理由3:お金を払って自分を追い込むからこそ、行動を変えられる

とはいえ、新しい習慣を身につけるというのは容易ではない。

人はそうやすやすとは変われない。年をとればとるほど、難しくなっていく。だから、方法としては、自分に負荷をかけ、お尻に火をつけてやらなければいけない状況を作る事がとても大切になってくる。

そのために、お金を使って自分を追い込んでいく方法はとても効果的。

自分が手に入れたいモノにはしっかりとお金を使うことだ!

これだけ使ったのだから、絶対に結果を出してやるぞ!後戻りはできないぞ!という気持ちに追い込む事で新しい行動をとれるようになる。

実際、ライザップの場合、最安値で2ヶ月35万円もかかる。

35万円も払ったんだから、絶対に結果を出してやる!毎日、食事の報告も欠かさないぞ!という気持ちになってもらえるという訳だ。

これが無料で出来たり、月額1万円程度で受けられたら、同じ事を伝えられたとしても、やる気に火がつかないので、「まーいっか。」となってしまう。 失敗しても失うモノがほとんどないからね。

お金の使い方というのは、非常に重要で、多くの人は自己投資にお金を使えない。でも、大きく飛躍するためには、自分に投資すべきだ。自分に投資して、思考と行動が変わり、習慣化できれば、別人に生まれ変わっていく。(ライザップのCMのように笑)

なりたい自分がそこにあるのであれば、投資した金額は将来何倍にもなって自分に返ってくる事になる。是非、お金は賢く使っていただきたい。

理由4:1対1で教えてもらう方法が最もインプットの質が高い

悩みを解決する際に、教えてもらう方法は何もコンサルティングを受けるだけではない。本、DVD、勉強会、セミナー、グループミーティングなどたくさんある。

では、なぜ、コンサルティングが良いのか?

それは、1対1の指導が最も得られるインプットの質が高いからだ。

学校の授業に当てはめればよくわかると思うのだが、教科書だけのテキスト情報では理解するのは難しい。だから、先生の授業がある。それでも、人によって大きくテストの点数に差が出るため、塾や予備校や家庭教師が存在する。

また、塾や予備校や家庭教師に教えてもらったとしても、全教科で100点満点を取れる人なんていない。いや、いるかもしれないが、全国に一人いるかいないかのレベルだろう。

つまり、学んだとしても、ちゃんと自分の頭で理解し、100%正しく実践できている人はほとんどいないという事になる。

問題は間違った解釈のまま、行動し続けるケースだ。これでは、いつまでたっても望んでいる結果は出せない。

でも、人には、プライドというやっかいなモノがあり、大勢の人の前で恥をかきたくないと思って心にブレーキがかかってしまう。だから、質問したくても質問できない人はかなり多い。

それに、自分自身では、正しい解釈をしていると思い込み、間違いに気づいていないケースも多い。

これが本やDVDやセミナーでいくら学んでも結果を出せない大きな原因だ。基本的にどんなジャンルであっても、正しい行動をやり続けていれば結果は出せる。

行動してても結果を出せない時というのは、間違った行動を取り続けているからだ。

だから、「報連相」が重要になってくる。報告してもらわないと、正しい行動がとれているかが分からないからだ。

コンサルティングの場合、基本1対1になる。クライアントが今月どんな行動をとったかを報告を受けて、質問をして何を考えているかを探り出し、問題があれば、軌道修正するための指導を行う。

これにより、間違った行動は軌道修正され、正しい行動をとれるようになり、どんどんどんどん結果に近づいていけるようになる。

コンサルティングを必要とする人と必要のない人の違いとは?

基本的に悩みを抱えている場合、自力で解決するのは時間がかかるし、失敗してしまう事が多い。

だから、悩みを抱えている人全員がコンサルティングの必要があると言えるかと思う。逆に何の悩みもなく、今を幸せに生きれている人は、コンサルティングの必要はないと言える。

ただ、僕の経験上、本当にコンサルティングを必要としているヤバイ状況の人はコンサルティングを一切求めず、もう別にコンサルティングの必要はないのでは?と思うぐらい成功している人がコンサルティングを求めている傾向が強い。

突出して上手くいっている人は、向上心が強く、自分をもっと高めていこうとしている。逆に上手くいかない人は昔のやり方や自分独自のやり方に固執する。

自分の間違いを認めようとせずに、問題が起こったとしても、他の何かのせいにして逃げ続ける。

人にどう思われようとも、目に前にある問題を直視して、絶対にこの問題を解決しようと思っている気質の人に最適なサービスがコンサルティングではないかと思う。

体験してみて分かったコンサルティングサービスの素晴らしさ

僕の場合は、マーケティングの道を極めようと本を読んだり、セミナーを受けて学んでいたのだが、知識は増えても自分の行動に当てはめて活かす事ができていなかった。

コンサルティングを受ける前までは、自分がやっている事は正しいと思い込み、今は結果が出ていないけど、このまま行動し続ければいつかきっと上手くいくだろうと思い込んでいたのだ。

でも、薄々大丈夫かな?もし、ダメだったらどうしようという不安があったため、コンサルティングを受ける事にしたのだが、、、最初の頃のコンサルティングはなかなかきつく、受け入れ難いものだった。

自分がとっている行動がいかに間違っているかをきつく指摘されてしまったのだ。いますぐ止めた方が良い!傷口が広がる前に損切りすべきだ!とまで言われ、内心、こんちくしょーという気持ちがふつふつと湧いていた。

自分は正しいと思っていたので、やってみなければ分からないだろうと思っていたし、何より自分の間違いを受け入れるのは非常に苦痛が伴った。

でも、お金がどんどん無くなっていくのは嫌だったし、コンサルティングの料金も高額だったため、思い切ってやめる事にした。そして、コンサルタントに言われた通りにとりあえずやってみようと思ったのがターニングポイントだった。

報連相を繰り返しながら、実践していったのだが、これが大当たりだった。

えっ嘘!!そんな事言って大丈夫なの!?

と思う事も多々あったのだが、言われた通りに素直に実践していったら、見事に結果を出す事ができるようになったのだ。

自分一人では気づく事のできない問題を見つけてもらい、正しい方向に導いてもらう事で目標達成に最短で近づいていく事の素晴らしさ、コンサルティングの素晴らしさを身を以て体験する事ができた。

ただ、僕以外にもコンサルティングを受けている人がいて、全員が結果を出せている訳ではなかった。

教えてもらった事を素直に吸収し、実践し、報告して改善し続ける事のできる人は少ないというのが良く分かった。何より自分の間違いを認めたり、失敗を恐れずに行動に移る勇気も重要である事が良く分かる経験だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新video:コンサルタントになりたい人へ

もしあなたが、コンサルタントになりたいなら、ここで紹介するビデオをご覧いただきたい。

このビデオで話していることは…

  • ・0からコンサルタントになる方法
  • ・絶対にやってはいけない”3つの致命的な間違い”
  • ・コンサルティングをどうやってやるか?(自分が知識を持っていない分野でコンサルティングをする方法)

 そして、、、お客さんをどうやって見つければいいのか。
コンサルタントになるためにまずは何から始めればいいかが分かる。

もしあなたがコンサルタントとして起業したい。あるいは、新しいビジネス・収入源としてコンサルティングビジネスを立ち上げたいなら・・・

このビデオをご覧頂く事をオススメする。


ビデオはこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>