プライムデザイン代表【山本猛】について

大手メーカーのパッケージを手がけるデザイン会社に入社する

多摩美でデザインを教わっていた細川先生からご紹介いただいたデザイン会社「the design associates」に面接にいく前には、ちゃんと会社の事を知っておかなければいけないと思い、ホームページでどんな仕事をしているのかをチェックしてみた。

ホームページで紹介されている仕事の実績は素晴らしいものばかりで、朝日新聞、ウィンブルドン、全英オープンゴルフなどのロゴデザインやカルピス、マイルドセブン、とんがりコーン、ルーツなど有名どころのパッケージデザインばかりだった。

こんな質の高いデザインを生み出している会社であれば、間違いなく自分のスキルを高める事ができる。

それに、自分がやりたいと思っていた広告の元となるロゴやパッケージデザインが行えるため、この会社に就職したい!と強く思うようになっていた。

さらに、ホームページに掲載されているスタッフのみなさんは、私服で、中には半ズボンを着て寝そべっている人や金髪の人、外人の方もいたりしたので、自由でグローバルな会社だなぁと感じ、こんな会社で働けたらきっと楽しいだろうなぁ!と思い、どんどん気持ちが高ぶっていった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

美大4年時の就活「大手から中小デザイン会社への就職活動」

多摩美術大学4年時の卒業制作を行いながら、就職活動も始まった。

自分は相変わらず追い込まれないと行動に移らないタイプで、就活シーズンに入るまで自分はどうゆう会社で働きたいのか?全く準備をしていなかった。

周りの友達とも就活の話題がでなかったというのもあるが、振り返ってみると、将来の事を考えずに目の前の娯楽しか追っていないガキだったなぁと思う。

多摩美術大学の卒業が迫り、さすがに就活しなければいけない状況になって、はじめて今後、何を仕事にするかを考えるようになるのだが、最初の内はデザイン会社の存在をあまり知らなかったので、とりあえず、デザイン部門がある大手の会社に応募する事にした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

多摩美術大学で学んだデザインと卒業制作の話

多摩美術大学の卒業制作

僕が通っていた多摩美術大学は世田谷区上野毛に校舎があり、都心部に近いため、他の美大と比べても良い環境が整っていた。

今は学校にパソコンがあるのは当たり前の状態だが、当時の1998年は、インターネットが普及しはじめた頃で、まだパソコンやネット環境が整っている美大は多くはなかった。

そんな中、多摩美術大学にはMacのパソコンが大量に置かれている状態だったのだ。

パソコンを触れた事のない自分にとっては、デジタルな世界は衝撃的でこれからどんな事を学ぶのか胸を躍らせていた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

多摩美術大学に通う大学生の頃【山本 猛】

多摩美術大学

一浪して多摩美術大学に合格。

これで19歳まで過ごした水戸から離れて東京で生活することになるのか。

憧れの東京生活。
憧れの大学生活。
はじめての一人暮らし。

これからどんな事が起こるのか、
これからの刺激的な日々に胸を躍らせていた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

美術予備校に通う一浪時代の頃【山本 猛】

現役で美大に合格する事は出来なかったため、
一浪する事になるのだが、
経済的な問題で僕が通う予備校代を出してもらう事も
厳しい状況という新たな壁にぶつかった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

堕落した日々を送る茨城高校時代【山本 猛】

高校三年の夏、茨城高校に通っていた自分は
どこの大学に進学するかを決める時期に来ていた。

当時の自分は将来の事なんて何も考えず、
目標も持たず、勉強もせず、ゲームセンターに行ったり、
麻雀をするような堕落した毎日を送っていた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

プライムデザイン代表【山本猛】の略歴

WEB制作やブランディングによって集客や求人の悩みを解決!

logo
プライムデザイン  代表
山 本    猛
  
Takeshi Yamamoto

1978年茨城県水戸市生まれ。
多摩美術大学を卒業後は、ザ・デザイン・アソシエイツに入社し、
マイルドセブンやカルピス、ルーツ、とんがりコーン等、飲料から食品、化粧品まで多岐にわたった商品デザインを149件手がける。
海外向けのマイルドセブンのデザインは賞を受賞

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0