9日目:無料と有料のアクセスアップ対策の違い

山本です。

それでは、9日目の動画を送らせて頂きます。

===============================================
9日目:無料と有料のアクセスアップ対策の違い
===============================================

今回の動画では、良く質問される事について
お答えいたします。

ホームページにアクセスを集める際に、
無料と有料のどちらの対策を行うべきなのか?

を徹底解説しています。

自分の向かうべき方向性が見えていない方は
是非、じっくり最後までご覧になってください。

無料と有料というのはお金をかけるか、
かけないかの違いになりますが、
他にも目をつけていただきたいのが

「労力」と「時間」がどのくらいかかるか?
になります。

お金というのは、使ったとしても、
後からいくらでも取り返すことができます。

でも、「時間」は取り戻すことは出来ません。

どれだけお金持ちであっても、
「時間」は取り戻すことが出来ないのです。

誰にでも平等に与えられています。

その貴重な時間をどのように使うべきか?

最短の道のりで突き進み、必要最小限の労力で
大きな成果につなげるためにはどうしたら良いのか?

お金をかけるかかけないかの違いを知るだけでなく、
そういった面にも目を向けて頂くとより良い
結果を生み出せるようになるかと思います。

社長にとって最も大切な資産は、「時間」です。

まずはそこに高い価値を持つ事がスタート地点です!

 

今回の動画でお伝えする内容は

  • 無料で集客出来るSNSとは?
  • SNSのメリットとデメリット
  • 検索時に無料スペース内で上位表示させるSEO対策とは?
  • SEO対策のメリットとデメリット
  • リスティング広告のメリットとデメリット
  • 集客から販売までのプロセスに投資する必要性
  • 時間の価値とは何か?

といった内容になります。


今後インターネットで集客を図りたい際には、
非常に重要な事をお伝えしていますので、
是非、最後までご覧ください。

では、9日目の動画をご覧ください。

 

————————————————–
*動画が途中で止まってしまう場合や、見れない場合には

インターネットの回線速度やパソコンのスペックによっては、
動画が途中で止まったり、再生ができない場合がございます。
恐れ入りますが、一度、動画を一時停止し5分ほどたってから
再度再生していただけますと幸いです。
————————————————–

 

============================
*重要* 本日のエクササイズ
============================

動画を最後まで見終わりましたら、
以下のコメント欄にコメントを記入してください。

この「コメントを書く」という作業が
今後の『マーケティング』を進めるにあたって、
最も重要になってきます。

通常でしたら、なかなか聞く事のできない
マーケティングを実践した者にしか分からない裏側を
学べる
数少ないチャンスです。

ですので、少しでもあなたに合った内容を、
疑問をピンポイントで解消する内容を
公開して行きたいと思っています。

大変かと思いますが、是非、
「コメントを書く」という作業を
習慣化して頂けたらと思います。

非常に簡単なコメントや質問でも構いません。

あなたが書くコメントが今後の
動画に反映されて行きますので、
是非、コメントを書いてくださいね。

  

======================
以下のステップを踏んで下さい
======================

step1

今日の動画を見ての感想や
更に詳しく聞きたいことをお書きください。

step2

あなたはインターネットを使ってアクセスアップ対策をする際に、
SEO対策とリスティング広告どちらを最初にやろうと思っていましたか??

step3

今日の動画を見て、今後やるべきアクセスアップ対策は明確になりましたか?

繰り返しになりますが、あなたが書く
コメントが今後のプログラムに
反映されていきます。

簡単で構いませんので、コメント欄に
記載していただけたら嬉しいです。


あなたからのコメントを楽しみにしています。

山本 猛

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>