17日目:ページの反応率を上げてさらに広告費を削減する方法

山本です。

それでは、17日目の動画を送らせて頂きます。

===============================================
17日目:ページの反応率を上げてさらに広告費を削減する方法
===============================================

今まではリスティング広告を使って
安くたくさんのアクセスを集める方法について
伝えてきました。

ホームページは見てもらえないと
顧客獲得できませんので、
とても重要な部分になりますが、、、

アクセスを増やしただけでは
売上UPにはつながりません。

もう一つ大事な事は、
アクセスしたホームページでちゃんと見込み客が反応してくれるのか?

というところ。

全く反応がとれていない場合は、
いくらアクセスを集めても顧客にならないため、
1円も稼ぐ事はできません。

広告費とそれまでにかけた労力を無駄にしている事になります。

では、どうしたら良いか?

絶対にページの反応率を高める対策を
行わければなりません!!

早い段階で高い反応が得られる広告を育てあげる事ができれば、
競合他社よりも多くの顧客を安く獲得する事ができるようになります。

まずは、今回の動画をご覧いただいて
反応率の高い広告を育てる事の重要性に
気づいて頂ければと思います。

 

今回の動画でお伝えする内容は

  • 同じ広告費で何倍も売上UPできるホームページの反応率UP対策とは?
  • ホームページの反応率を高める適切なやり方
  • よくある間違ったホームページのテスト方法
  • なぜ、HPの反応率を高めていくと業界No.1の集客システムを確立できるのか?

といった内容になります。

 

では、17日目の動画をご覧ください。

 

————————————————–
*動画が途中で止まってしまう場合や、見れない場合には

インターネットの回線速度やパソコンのスペックによっては、
動画が途中で止まったり、再生ができない場合がございます。
恐れ入りますが、一度、動画を一時停止し5分ほどたってから
再度再生していただけますと幸いです。
————————————————–

 

============================
*重要* 本日のエクササイズ
============================

動画を最後まで見終わりましたら、
以下のコメント欄にコメントを記入してください。

この「コメントを書く」という作業が
今後の『マーケティング』を進めるにあたって、
最も重要になってきます。

通常でしたら、なかなか聞く事のできない
マーケティングを実践した者にしか分からない裏側を
学べる
数少ないチャンスです。

ですので、少しでもあなたに合った内容を、
疑問をピンポイントで解消する内容を
公開して行きたいと思っています。

大変かと思いますが、是非、
「コメントを書く」という作業を
習慣化して頂けたらと思います。

非常に簡単なコメントや質問でも構いません。

あなたが書くコメントが今後の
動画に反映されて行きますので、
是非、コメントを書いてくださいね。

  

======================
以下のステップを踏んで下さい
======================

step1

今日の動画を見ての感想や
更に詳しく聞きたいことをお書きください。

step2

あなたはホームページの反応率に重要性を感じていましたか??

step3

今日の動画を見て、ホームページの反応率を上げる対策を
行わなければいけないと思えましたか??

繰り返しになりますが、あなたが書く
コメントが今後のプログラムに
反映されていきます。

簡単で構いませんので、コメント欄に
記載していただけたら嬉しいです。


あなたからのコメントを楽しみにしています。

山本 猛

売れるホームページに変える無料相談会実施中!【初回限定】

マーケティングの良さはわかったけど、どうしたら自分のビジネスに当てはめられるか分からない。マーケティングに詳しい人から直接アドバイスが欲しいという場合は、この無料相談をご検討ください。

2時間徹底的に無料でアドバイスさせて頂きます。(初回限定)

独立してから今まで6年間、マーケティングに必要な作業であるランディングページ制作、リスティング広告の運用、メルマガ作成、SNSの活用、YOUTUBEの動画作成など・・・全て自身で行い失敗と成功を積み重ねてきました。 経験してきたからこそ分かる「真実の情報」をあなたに合わせて的確にアドバイス致します。

 


無料相談のお申し込みはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>