大手メーカーのパッケージを手がけるデザイン会社に入社する

多摩美でデザインを教わっていた細川先生からご紹介いただいたデザイン会社「the design associates」に面接にいく前には、ちゃんと会社の事を知っておかなければいけないと思い、ホームページでどんな仕事をしているのかをチェックしてみた。

ホームページで紹介されている仕事の実績は素晴らしいものばかりで、朝日新聞、ウィンブルドン、全英オープンゴルフなどのロゴデザインやカルピス、マイルドセブン、とんがりコーン、ルーツなど有名どころのパッケージデザインばかりだった。

こんな質の高いデザインを生み出している会社であれば、間違いなく自分のスキルを高める事ができる。

それに、自分がやりたいと思っていた広告の元となるロゴやパッケージデザインが行えるため、この会社に就職したい!と強く思うようになっていた。

さらに、ホームページに掲載されているスタッフのみなさんは、私服で、中には半ズボンを着て寝そべっている人や金髪の人、外人の方もいたりしたので、自由でグローバルな会社だなぁと感じ、こんな会社で働けたらきっと楽しいだろうなぁ!と思い、どんどん気持ちが高ぶっていった。

続きを読む

美大4年時の就活「大手から中小デザイン会社への就職活動」

多摩美術大学4年時の卒業制作を行いながら、就職活動も始まった。

自分は相変わらず追い込まれないと行動に移らないタイプで、就活シーズンに入るまで自分はどうゆう会社で働きたいのか?全く準備をしていなかった。

周りの友達とも就活の話題がでなかったというのもあるが、振り返ってみると、将来の事を考えずに目の前の娯楽しか追っていないガキだったなぁと思う。

多摩美術大学の卒業が迫り、さすがに就活しなければいけない状況になって、はじめて今後、何を仕事にするかを考えるようになるのだが、最初の内はデザイン会社の存在をあまり知らなかったので、とりあえず、デザイン部門がある大手の会社に応募する事にした。

続きを読む

多摩美術大学で学んだデザインと卒業制作の話

多摩美術大学の卒業制作

僕が通っていた多摩美術大学は世田谷区上野毛に校舎があり、都心部に近いため、他の美大と比べても良い環境が整っていた。

今は学校にパソコンがあるのは当たり前の状態だが、当時の1998年は、インターネットが普及しはじめた頃で、まだパソコンやネット環境が整っている美大は多くはなかった。

そんな中、多摩美術大学にはMacのパソコンが大量に置かれている状態だったのだ。

パソコンを触れた事のない自分にとっては、デジタルな世界は衝撃的でこれからどんな事を学ぶのか胸を躍らせていた。

続きを読む

コンバージョン率はホームページの成績表!絶対にチェックすべき数字

コンバージョン

web関係の仕事をしている方であれば、当たり前のようにチェックしているとは思うが、会社経営者や社内の広報担当者も絶対にチェックしなければならない数字。

それがコンバージョン率だ。

ホームページ内のフォームを使った問い合わせや資料請求、商品の販売、メールアドレスの登録、スマホからの電話問い合わせなど。全てどのくらいの確率で成果に繋がったかを正確に把握する事ができる。

この数字によって、会社のホームページがちゃんと高い反応がとれているか、そうではないかが見えてくる。コンバージョン率はいわば、ホームページの成績表と言える。

でも、僕が知る限り、コンバージョン率を測定していなかったり、コンバージョン率の重要性を認識している人は非常に少ない。そのため、今回は、コンバージョンとは何かからその必要性、活用方法まで分かりやすく説明していきたいと思う。

続きを読む

体験して分かったコンサルティングが素晴らしいと思う4つの理由

コンサルティング

コンサルティングと聞くと、イマイチどんなことを提供してくれるのかイメージが湧かない人も多いのではないだろうか。実際、自分もコンサルティングを自分自身で体験するまでは、何をしてくれるのかさっぱり分からなかった。

でも、体験してみることで、コンサルティングの素晴らしさを身をもって感じることができたので、ココでシェアしたいと思う。

続きを読む

ライザップに学ぶ「付加価値を付けて商品単価を高める方法」

ライザップ

数ある商品の中からあなたの会社の商品を選んでもらうためには、付加価値を付けて競合他社にはない強みを付けていかなければならない。業界の常識という殻を破り、多くのお客に選ばれるようになるためには、どのように付加価値を付けていけば良いのか?

今回は破竹の勢いで成長をし続ける「ライザップ」を例に上げて詳しく紹介していきたいと思う。

付加価値を高めていけば、商品単価を上げたとしてもお客に選ばれるようになるし、顧客満足も高められる。経営者であれば、頭に汗をかいてじっくり考えなければいけないところだ。

是非、参考にして欲しい。

続きを読む

メラビアンの法則を意識すればセールス力は高まるって本当?

メラビアンの法則

新規のお問い合わせが入り、はじめての営業先に出向く際はおそらく、相手にどんな事を話すかを考える人が多いと思う。しかし、実は話す内容は7%しか相手に影響を与えないと言われている。それよりも重要なのは、見た目と声のトーンといった非言語情報

言語以外の情報によってほとんど判断されてしまうという事であれば、話す内容ばかりを考えるのではなく、見た目や話し方にも気をつけなければならない。いや、逆に見た目や話し方の方を重視しなければいけないと言えるだろう。

続きを読む

茨城の広告代理店の90%は提案できない広告に成功する方法とは?

雑誌を読む

広告を打ちたいと考える時というのは、集客や求人に困っているケースがほとんどだと思う。餅は餅屋という言葉があるように、どんなジャンルでもその道のプロにお願いすれば問題を解決してくれる。と思うかもしれないが、広告においては当てはまらない事が多い。

これは茨城県の広告代理店に限らず、全国的に見ても同じ事が言える。なぜ、そんな事が言えるのかと言うと、それは、広告代理店の仕事の大半は媒体販売だからだ。

続きを読む

水戸でチラシ制作を6年間行って重要だと感じた3つの事

水戸のチラシ制作

自分は多摩美術大学卒業後、六本木のデザイン会社で7年半働き、その後、地元の水戸に帰省して独立の道を選び、フリーランスのデザイナーとして6年間働いた。水戸の中小企業様相手に様々な仕事をやらせて頂き、その中ではチラシ制作も数多く行ってきた。

6年間も働き、何十件もチラシの制作を手がけていると色々と見えてくるものがある。チラシで何度も集客に成功している会社と全く反応がとれないで終わる会社には共通するポイントがある。

まだチラシによる宣伝を行った事がなく、これからチラシを配りたい!と思っている方は失敗を事前に防ぐためにも是非参考にして欲しい。

続きを読む

茨城でSEO対策する前に行うべき売れる仕組み作りとは?

茨城でSEO対策する前に行うべき仕組み作りとは?

茨城県内を商圏エリアとしてホームページのアクセスアップ対策を行う際に、まず最初に考える事はお金をかけずに行うSEO対策になるのではないだろうか。実際、SEO対策を行って茨城県内からたくさんの集客を実現し、売上アップできている会社はある。

しかし、例えアクセスが増えたとしても、売上に繋がらない場合もある事をSEO対策を行う前にしっかりと認識しておかなければいけない。

アクセスを集めるというのは、ネット上で集客していくための一つのプロセスに過ぎない。他の重要な要素を満たす事ができなければ、例え、アクセスが集まるようになったとしても売上には繋がらない。

では、何に注意すべきなのか?をここでは詳しく説明していきたいと思う。SEO対策は時間と手間がかかる作業になるため、是非、実際に行動に移る前の参考にして欲しい。

続きを読む